☆フラワーエッセンスサロンアトリエアースカラーズへようこそ☆


About Earth Colors' Natural Therapy

フラワーエッセンスサロン アトリエ Earth Colorsでは、自然の叡智がつまったフラワー(&シー)エッセンス等のサポートを得ながら、自分自身をみつめ、日々生きやすくなるようなお手伝いをさせていただいております。


 

Earth Colorsでは、現在カナダの鍼灸師でもあるサビーナ・ペティット氏が創られたパシフィックエッセンス社のフラワー&シーエッセンス及び、日本の嶋みずえ氏が創られたアンジェリのアルケミーエッセンスの中の日本の女神シリーズ、ドイツ出身のアンドレアス・コルテ氏が創られたコルテPHIエッセンス社の一部のエッセンスを使用しております。

 


About Flower & Sea Essences /                                        Alchemy Essences

☆フラワーエッセンスとは☆

 

今までお花をはじめ、自然界の動植物に癒されたことはありますか?

 

特にお花は私たちの日常においても病気の時や、お祝いの時に贈り贈られたりしているように、癒しや幸せのエネルギーをもっています。

そのエネルギーを太陽の光のエネルギーを使って、水(*)に写したものがフラワーエッセンスです。

 * 人間の身体も地球も大半は水でできているとおり、水は大変貴重な大事なものですが、その水は情報を保持する力があるとされています。

 

”エネルギー”というと、何だろう?と思われるかもしれませんが、”氣”・”波動”です。

ますます???になるでしょうか。

 

日常において、「この場所はなんとなく心地よい」とか、「ちょっと心地悪いし近づきたくない」とかありませんか?

神社などは、パワースポットと言われているように”氣”の良い場所に建てられていることがほとんどですね。自然の中に行って気持ちよいっと感じるのも、自然の中にある”氣”を感じているわけです。

 

人間は目に見える世界のみを信じやすいですが、実は普段から「心地よい場所」などと感じているように目に見えないエネルギーもちゃんと感じているのですね。(実は目に見える世界は、目に見えない世界たちにくらべてほんの少ししかないみたいですよ。)

 

そのエネルギーは花々や海の生物の種類によって異なり、それぞれに特徴があります。



フラワーエッセンスとは、お花のエネルギーを水に転写した波動水です。

それぞれのお花(や生物など)には癒しの力があります。それぞれの波動が、人間の感情・精神パターンと共鳴し、心のバランスの乱れを整え癒してくれるものです。

その波動、ヴァイブレーションにより、感情などをふくめた人の心を本来の健康な状態に整えてくれます。




フラワーエッセンスに花などの物質的なものは入っておりません。基本水と保存料としてアルコール(場合によってはグリセリン等)が使われているのみです。

 

そのため、フラワーエッセンスは、

 +副作用がありません(依存性もなく、薬などとの併用も可能です。)

 +子供、動物、植物にも使うことができます

 

 

 フラワーエッセンスの使い方は、基本的には1日数回数滴(詳細はカウンセリング時にお伝えします)舌下にたらし飲用します。その他、スプレーボトルなどでご自身の周りなどにスプレーして利用することも可能です。

 

。。。。

 

★歴史と特徴★ 

 

”花療法”の歴史としては、古代よりアボリジニーなどの先住民は花の朝露を癒しのために使ったりしていたそうですが、現在のフラワーエッセンスというものを創り確立させた人はイギリスの医師(細菌学者・ホメオパシー医)エドワード・バッチ博士で、1930年代に創られました。

バッチ博士は長年診療をしていて、性格によって大腸に住み着く大腸菌の種類が違うことを発見し、病気と性格についてなどの考察も深められたそうです。そんな経験から身体だけに向けた治療活動では根本的な治癒にならないと気づき(『なんじ自身を癒せ』)、フラワーエッセンスの発見に尽力されました。

 

その後世界各地で様々なプロデューサーによりフラワーエッセンスは創りだされています。

 

また先のバッチ博士は『患者を「自分らしくない」状態から「本来の自分らしい」状態に戻すことが、治癒をもたらす』(『心を癒す花療法』)という言葉を残しています。

 

この言葉はフラワーエッセンスの特徴をシンプルに分かりやすく伝えています。

 

フラワーエッセンスは、人間のボディ(身体)、マインド(精神)、スピリット(魂)のバランスをとり、「本来の自分」に戻るのを手助けしてくれ、生きやすくしてくれるものなのです。

 

 

。。。。。

 

☆使い方☆ 

 

自然界の叡智が含まれたフラワーエッセンスは、一般的には一定期間を経てゆっくりとエッセンスの効果を感じていくことが多いです(*)。そのため、1回に大量に飲めばいい、というものではなく、決められた滴数を1日に決められた回数、日々定期的にとっていくことが重要となります。

  * 人によっては即座に、劇的に変化を体験することや、一方特段変化を感じないこともあります。表面的な感情面のことなどについては比較的早く変化を感じる方が多いですし、ご自身の根深い問題などに絡んだものですと長時間を要することもあります。

 そして、感情面や感じ方、思考など、自分自身について日々内観をし見つめて行くことでフラワーエッセンスをより感じて行くことが出来ますし、何よりご自身の変化を観察していくことが重要で癒しに繋がっていきます。

 

 

 

。。。。。。

 

当サロンでは、フラワー&シーエッセンス及びアルケミーエッセンス(日本の女神シリーズ)を使用しています。

 

それぞれの主な特徴としましては、

 

フラワー&シーエッセンスは自然の叡智がつまったエッセンスとなります。

こちらは感情面など人間として生きる上での現実の問題などに対応しやすいエッセンスとなります。(感情の癒し)

 

一方アルケミーエッセンスは、アルケミーというだけあって内なる神性との繋がり、それを表出させることに対応しやすくなっていますので、感情面の癒しが大体済んでいる方のほうが向いています。フラワー&シーエッセンスに比べるとよりスピリチュアルなエッセンスになります。